MENU

氷の城壁(レビュー)

「氷の城壁」は阿賀沢紅茶さんが描く青春まんが。

人と接するのが苦手な女の子「氷川小雪」が主人公。

このまま何もないまま高校生活が終わっていく。

と思っていたのに、
同じ学校の人気者3人とつるむことになって、これまでの学生生活とはまるで違う毎日を送っていくストーリー。

「冷たい女」と学校の子から思われていた氷川さん。

次第に明るくなっていっていく様子は見どころの1つ。

各巻が1つのストーリーとして完結していてサクサク読み進められるショートストーリー。

全117話で完結した今でも人気ランキング上位を獲るほどの面白い漫画でした。

目次